朝RUN

東京マラソンから一週間経ちました。

 

海辺を走りたくて、昨日の朝、江ノ島付近をRUNしました。

 

 

フルマラソン42.195kmを走った後なので、ちょっとやそっとの距離は短い距離に感じられます。この錯覚の気持ち良さを利用しました。

 

思った通りの気持ちのいいRUNでした。この錯覚はまだしばらく使えそうです。

 

 

その一方で、世界一のキプチョゲ選手の芸術的なランニングフォームを直接見ることができたことで、ランニングフォームへの興味が一気に高まりました。これもトレーナーとしての本能でしょうか。ジョギング、ランニング、スプリントに加えて、ウォーキングもフォームを追求していこうと思います。

 

まずはマラソン後ということもあり、自分自身の体で、長距離のランニングフォームを改良してみたところ、いくつかのポイントを発見しました。

 

今の自分自身の筋力・足裏感覚・体幹バランスなどを考慮すると、視線を少し下げめにし、胸骨にこぶしが柔らかく触れるように腕を振り、そのリズムで脚を運ぶ感覚だとストライドが伸び、地面反力を推進力に変えられるフォームになることを発見しました。

 

 

今後もまだまだいろいろな追求を続けていこう思います。

 

 

*渡辺亮介のYouTubeチャンネル↓
渡辺亮介のYouTubeチャンネル

 

(終わり)

 

 

top